育毛剤ボストン(BOSTON)基礎知識

育毛剤ボストン(BOSTON)と同時にやりたい!薄毛の進行を抑える3つの運動とは?

投稿日:2018年11月9日 更新日:

育毛剤ボストン(BOSTON)で改善を図りながら薄毛の進行を抑える生活習慣も見直していけばより効果的ですね。

そこで薄毛を防止または抑制するための運動とはあるのか?ということから、3つの運動が浮かんできたので詳しくお伝えします。

薄毛の進行を抑える運動①ジョギング

薄毛 抑える 運動

男性の薄毛の原因には男性ホルモンの1種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が関わっているとされています。

このDHTは髪の毛を生み出す毛母細胞の受容体と結びつくと髪の毛の成長を阻害するので、髪の成長が遅れたり、毛が細くなります。

薄毛防止に取り組む際にDHTを無視できないのは、こういった理由からです。

恐ろしい作用を持つDHTですが、運動などで汗をかいて体外に排出することが可能です。

 

特に有酸素運動は長い時間続けることができるので、無酸素運動に比べて大量の汗をかくことができます。

数ある有酸素運動の中でもオススメはジョギングです。

特別な器具を必要としないので誰でも簡単に始められますし、インストラクター無しに安全に行うことができます。

ペットボトルを携帯して走り、休憩時間に水分を取ることで発汗量をキープすれば、DHTの排出量も自然と増やせる。

 

ジョギングをする際のポイントは「キツくなったらペースを落とす」こと。

身体に過度な負担をかけて、それがストレスに感じてしまうと薄毛の要因になりかねません。

気持ちよく走れる時間を伸ばしていくことで薄毛防止をサポートできます。

継続していけば薄毛以外にも心肺機能の向上や、内臓脂肪の減少など成人病予防をサポートする様々なポジティブな変化につなげることができます。

ぜひ育毛剤ボストン(BOSTON)と同時に行いたい運動のひとつですね。

 

薄毛の進行を抑える運動②ウォーキング

薄毛 抑える 運動

日々のストレスによって薄毛が進むこともあると言われています。

円形脱毛症も数ヶ月前の大きなストレスが引き金となって起きるケースがあると考えられています。

毛髪と密接な関係のあるストレス、それを発散することは薄毛防止を考える上で重要なフォクターのひとつです。

 

定期的にストレスを解消するのに最適な運動とは何でしょうか?

ジョギングも考えられますが、シンドイと感じてしまう人も少なくありません。

そんな方は育毛剤ボストン(BOSTON)と同時にウォーキングをしましょう。

高齢者や膝や腰に不安がある方でも、ペースを抑えて歩いたり、毎日行わず間隔を開けて行えば健康的に続けることができます。

 

少し強度が足りいと感じたり、調子が良い時は早歩きや軽く走ることで発汗量を増やせるのも、この運動のポイント。

ジョギングと違って水の補給を運動をしながらできるのも大きなメリットです。

水分補給をする休憩中に体がクールダウンすることで発汗量が落ち込んでしまうことを防げます。

 

さらに季節の変化を感じながら気持ちよく歩けば間違いなくストレス解消になりますし、体も温まって血行改善も期待できます。

DHTの排出を狙った薄毛防止は毎日続けることに意味がありますから、その点を最優先に考えるとウォーキングが薄毛サポートを期待できる一番の運動と言えるでしょう。

育毛剤ボストン(BOSTON)とも相性が良さそうです。

 

薄毛の進行を抑える運動③無酸素運動

薄毛 抑える 運動

体内のDHTを排出する代わりに、DHTが生み出される量を減らすことで薄毛防止につなげようという考え方があります。

テストステロンが「5αリダクターゼ」という酵素と結びつくことで生まれるDHT。

シンプルに考えると、テストステロンが増えるとDHTの量も増えると思われますが実際は違います。

体内のテストステロンの数が減少することでDHTが盛んに生成されることが報告されているのです。

 

逆にテストステロンを増やすことでDHTが抑制されたというケースもあります。

男性ホルモンであるテストステロンを増やして薄毛防止につなげたいところですが、どうすれば効果的にテストステロンを運動で増やすことができるでしょうか?

最適なのは筋トレに代表される無酸素運動です。

特に10回程度繰り返せる重量でダンベルカールなどの種目をこなし、引き締まった筋肉にすることで血中のテストステロン量の増加を目指すことができます。

 

有酸素運動と違い、筋肉トレーニングは短時間で効率的に運動したい方に向いています。

毎日行う必要もありません、内容によっては週に1回でも筋肉量の増加が期待できます。

実は筋肉量の増加自体にもテストステロンが関係します。

 

そしてこのテストステロンは加齢とともに体で生成される量が減っていきます。

特に40歳を過ぎると急激に減少すると言われています。

筋トレで薄毛に対処したいのなら、育毛剤ボストン(BOSTON)と同時に早めに取り組むのがオススメです。

 

育毛剤ボストン 口コミ

育毛剤ボストン 口コミ

30年ハゲ続けた中年男の育毛剤ボストン(BOSTON)の口コミをチェック!

 

-育毛剤ボストン(BOSTON)基礎知識
-

Copyright© 育毛剤ボストン(BOSTON)の口コミ!最後の砦?30年ハゲ続けた中年男が育毛剤ボストン(BOSTON)を使った体験談 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.